本文へスキップ

あなたの大切なバイクを守るにはガレージとロックが欠かせないのですよ。

見えなければ盗まれない

ガレージに収納

見えなければ盗まれない 写真

高価で大切なバイク、原付やカブの2輪車は、盗難されないよう4輪の自動車と 同じようにガレージに収納するのが安全です。 スペースも費用も必要になるので誰でも簡単にガレージを利用することは難しいかも しれませんが、もともと空いてるガレージがあったりちょうどいい設置スペース があってたまたま臨時収入もあった、なんて場合は可愛い愛車の住居としてガレージを 使ってみるとあなたのバイクもきっと喜んでくれるでしょう。 車のカレージを作るほどのスペースがない、余っている土地もないという人も、 今ではバイク専用のガレージがありますので意外と簡単に悩むことなく2輪車専用の ガレージを手に入れることが可能となっています。 これならそれほど広いスペースでなくとも設置でき、具体的にいえばバイクを囲う 程度の大きさのガレージなのでもともとバイクを停めていたスペースに毛が生えた、 ほどの土地さえあれば問題なくガレージの設置が出来てしまいます。 バイクの姿が見えなければ盗難の対象になりにくいので、チェーンやロックでの 盗難防止よりもはるかに高い効果が期待できるのが最大のメリットで、例えそこに バイクがあるだろうと盗人に目を付けられても防犯のためにガレージにバイクを駐車 しているので、わかっていても易々と盗み出すこともできません。 多少の出費は必要ですがそのおかげで得られる安心感はそれ以上あります。 野外の雨や風に晒される場所に放置するよりもバイクの劣化を防ぐことが出来ますし、 防犯面以外にも受けられる恩恵はあります。 ただし密室に近い状態になるので、長期間保管する場合にはたまには換気をして 新鮮な空気に触れさせたり湿気対策をしなければ、いくら完璧にガードしてくれる ガレージといえどもバイクの劣化は避けられません。


愛知県名古屋市・静岡でローン
愛知県名古屋市、静岡県での不動産担保ローン、融資、キャッシングはおまかせください。
http://www.wako-finance.co.jp/shop/hamamatsu.html

バイクカバー

バイクに限ったことではありませんが、誰もが羨む高級車やピカピカのマシーンや ごっつい街宣車はとても目立つものです。 それが駐車場に停まっていれば、ここにこればいつでもあの素敵な車体を見ることが 出来るのだな、と覚えられるでしょう。 その相手がもし良くないことを企む輩で、バイクを盗んで売ってしまおうと考える ような盗人ならターゲットにされてしまいます。 このカッコいいバイクをたくさんの人に見てもらいたい、という願望はバイク乗り なら誰でも持っている本能的な欲求ですが、日本に泥棒をするためにやってきた悪い 外国人からしたらそのバイクは盗む対象にしかなりません。 高価そうであればあるほど、ピカピカであればあるほど危険に晒されるのです。 それを避けるために有効なのがバイクカバーで、カバーしておけばバイクがこの中に あるのだろうな、とは思ってもどんなバイクかはわからなくなります。 バイクカバーを捲って覗き見しないと正体はわからないので、簡単には窃盗の対象に 選ばれにくくなるのです。 そしてただ駐車してチェーンを巻く程度の対策しかしていないバイクオーナーに比べて 防犯意識も高いと思わせることができるので、高く売れそうなバイクかもしれないけど 盗むのはたいへんそうだな、あれに手を出すのはやめておこう、とそのバイクを盗む 気にさせない効果もあります。 ガレージに収納するほうが当然よいのですが、マンションなどでは防犯に力を入れたく でもなかなかそうはいきません。 ガレージを準備することができない場合にはこのバイクカバーが最良の策になるので、 人目につきやすい駐車場ならぜひこれで防犯対策しましょう。



劣化防止にも役立つ

青空駐車でカバーも無しのバイクは劣化スピードが気になります。 日光を長時間浴びれば人間の皮膚だって黒色に変色しますし、バイクの塗装にだって 影響を与えるのは仕方の無いことです。 購入したばかりのバイクはピカピカで眩い光を発していますが、野外に放置して雨に 濡れたり日差しを受けるがままにしていれば、一年もすれば車体はくすんでしまいます。 ちょっとくらい色が変わってもいいじゃん、と考えられる人ならバイクカバーや専用の ガレージを用意することはないでしょうが、本当にバイクを愛している人ならそんな 事は1ミリも許せないでしょう。 防犯対策としてだけでなく、劣化防止のためにも野ざらしになるのを避けようと、 バイクカバーで紫外線からバイクを守るのです。 カバーをすることで本来バイクが受けるはずだったダメージを、バイクカバーが かわりに引き受けてくれるので、野ざらし状態でどれだけのダメージを受けるのかを 計るには、使用したバイクカバーを確認すれば一目瞭然です。 たいていは1年も使用すればボロボロになってしまうことを考えると、野ざらしで 野外に放置されたバイクが受けるダメージは相当なものになると理解できるでしょう。 大切な愛車はいつまでも美しい状態を保ちたいものですから、バイクを盗難から守る だけでなく厳しい自然からも守ってくれるバイクカバーやガレージは、心優しいバイク 乗りには必須のアイテムなのです。 さらに海よりも深く愛する者はガレージに保管してあるバイクにカバーを掛ける、 そこまでやる者もいるのです。



バナースペース